×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月経前症候群って知ってますか?

月経前症候群とは

 

「月経前症候群」って聞いたことがありますか?男性はおろか、女性でも初耳だという人もいるかも知れませんね。女性なら多くの人が経験している生理前のいらいら、憂鬱、体調不良、そういったものをひっくるめて月経前症候群と呼びます。症状は人によって様々です。

 

 

 

男性にとっては理解できない女性特有の症状です。男性も女性も正しい知識を持って月経前症候群で苦しんでる女性に接していきたいものです。

 

 

 

月経前症候群の精神的な症状を挙げてみましょう。いらいら。憂鬱。眠れない。理由がないのに泣きたくなる。根気がなくなる。物忘れ。なにかを考え出すと止まらない。眠くなる。孤独感を覚える。外出が面倒。興奮状態。人に会いたくない。不安感。判断力の低下。などなど、まだ他にもたくさんあります。

 

 

 

月経前症候群の症状を自覚している女性のうち5%ほどは、月経前不機嫌性障害の可能性があると言われています。軽い苛立ちや憂鬱を覚える程度の月経前症候群とは違い、月経前不機嫌性障害は適切な治療が必要。暴力的になったり、自殺を図るほどの鬱状態になることもあるほどです。

 

 

 

病気だろうが生理現象だろうが、気分が沈んだり、お腹が痛くなったりするのは辛いですよね。月経前症候群は女性特有の現象ですから、大切なパートナーの理解を得にくいところも辛いところ。思い当たるところがあるのなら、勇気を持って彼やご主人に話してみるのもいいかも知れません。
女性特有の様々な症状がでます。

 

排卵から月経までの間に様々な症状が現れる月経前症候群。症例は200を超えると言われていて、症状の重さや現れ方、発症時期なども人それぞれで、同じ月経前症候群でも人によって全く違うもののように感じられることもあります。自覚症状がない場合もあるので、まずは自分を振り返ってみましょう。

 

 

 

月経前症候群は、排卵のある女性になら誰にでも起こる可能性がある症状です。特別なことではないので、むやみに不安がるのはもうやめましょう。ただし、普通の生活がままならないくらい辛い場合は要注意。より症状が重い月経前不機嫌性障害の可能性があります。

 

 

 

いらいらや憂鬱など、月経前症候群の精神的な症状を感じるのなら、日常の生活でストレスが溜まっているのかも知れません。全ての女性に当てはまるわけではありませんが、心身のストレスが元で月経前症候群のストレスが出始めた、または悪化したという女性は多いものです。

 

 

 

頭が痛い、関節が痛い、体がだるいなど、風邪や他の病気に似た症状が出るため、月経前症候群だと気づいていない女性も多いのではないでしょうか。症状が出て内科や外科に行っても要領を得ない診察結果だったなら、次には婦人科に行ってみることをおすすめします。
ストレスとも関係があります。

 

排卵日と月経の間にやって来る女性特有の心身の悩み、月経前症候群。生理の前にいらいらしたり、具合が悪くなったりして、こんなこと自分だけじゃないかと不安を覚えている女性も多いことと思いますが、実は月経前症候群は女性のおよそ80%が経験していると言われているんです。

 

 

 

月経前症候群の症状が出る排卵から月経前までの期間(黄体期)は、体の排泄機能が低下するため、体内に水分が溜まります。生理前に体重が増えたり、むくんだり、乳房が張ったりするのはこのためです。月経前症候群では体内の水分量の変化が、様々な症状となって現れます。

 

 

 

月経前症候群の肉体的な症状としては体のだるさが挙げられますが、これは体の広範囲に水分が溜まるため。めまいは内耳に、目の痛みは眼球に、頭痛は頭蓋骨のすき間に、乳房の張りは乳房組織に、背中の痛みは椎間円板に水分が溜まるため引き起こされるのです。

 

 

 

ストレスが原因で月経前症候群が発症した場合、ストレスが取り除かれると症状がよくなることも多々あります。心身のストレスを一人で解消していくのは、場合によっては不可能に近いこともありますよね。家族や恋人の理解を得て、積極的に協力してもらいましょう。


今昔、出会い系サービス